検索
  • Masa

『別れのカタチ』released!

最終更新: 2月24日

ついに新曲ですね〜。

今までは、Kenseiが歌ってたんですが、今回は楽曲提供させてもらいました!


 今回歌っているのは、竹丸(Insta:vo_takemaru)


同志社大学の友達繋がりで出会い、歌声を聞いて即オファーさせてもらいました

とても色気があって高音が綺麗!ぜひ聞いて確かめてみてください〜

めっちゃ素直でかっこいい彼ですが、京都駅前で路上ライブしたりしているツワモノです。


そんな彼から、初めてのコラボを終えてコメントもらいました↓


 『今回、Uniaxiaさんに楽曲プロデュースをしてもらい、初めてオリジナルソングをリリースしたわけですが、Apple musicやSpotifyに自分の名前があるのを見ると、まだ実感が湧かず変な感じです。(笑)今後は、色んなジャンルの曲を作っていずれはMステにでるのが目標なので応援よろしくお願いします!』


いやー、その気持ちすごいわかります。今でもプレイリスト再生してたら、Zeddの曲の次に、自分らで作った曲が流れて来たりして、なんか不思議な感覚です笑




 今回楽曲を作ってくれたのは、うちのボーカルでもあるKenseiです。

UniaxiaのイメージってEDM系なイメージだと思うんですが、今回はバラード系の曲を作ることになって、いろんな壁があったみたいですね〜。



 『竹丸くんの話をもらった時は去年の10月のことで、彼のカバー曲を聴いてその声にあった曲としてすぐに用意したのは良かったんですが、MacのOSのアップデートにより、楽曲制作ソフトとの互換性トラブルが生じて1ヶ月なにもできなくなってしまい、ファイルも壊れてしまってました。その後も色々とあり、Appleのおかげで2月配信となってしまいました。ボーカルに迎える基準として僕は「感性に響くか」という点を重視しています。「歌が上手」はその要素に過ぎないからです。そしてこの曲はピアノをメインで作ったこともあり、クラシックピアノをやっていた頃が懐かしく思えました。彼の声を生かすためにも楽器の数を少なくすることにこだわりましたね。その代わり、ピッチが遅い分退屈に聞こえないような曲の構成にする点においては難しいところでもありました。これからもプロデュース頑張ります。』


 いやー、Logic Pro X(楽曲制作ソフト)が固まった時は、Appleにブチ切れてましたね彼。代わりにPC貸してあげたりしてたんですが、低スペックの私のパソコンにもブチ切れてました笑




 今回は、ボーカルだけでなく、ジャケットの写真も他の方に頼んだりしてるんです。以下、ジャケット担当のさじゅんくんのコメントです。


 『別れのカタチは曲が本当に良かったので、ジャケットも頑張ろうと思いました

ジャケットは成冨ゆうきちゃんに協力してもらって作りました。

ユニアクシアはみんなで協力して作品を作っていくスタイルを確立したいです

身近な人といいものを作ってみんなの身近な人達から感謝の気持ちを伝えていきたいです』


彼らしいコメントですねー。ヒッチハイクと物乞いで佐賀から東京まで行っただけはあります。お金使ったのは、出発前に買った自販機のお茶120円だけらしいです。人頼りマスターですね〜。


人頼みできるのも才能ですからね笑

あ、そういやUniaxiaとして正式に、楽曲提供していくとこになりました!

歌ってみたい方、是非連絡ください!HPでもデモ音源受け付けてます!

ボーカルは人頼みってわけではないですよ、協力ですこれは。。



とまぁ、今回はこんな感じです!

竹丸の「別れのカタチ」是非聞いてみてください。うっとりしますよ。

iTunes、Spotify、AmazonMusic、LINEmusicとかほとんどのストリーミングサービスで検索したら出てきます!

 iTunes→https://music.apple.com/jp/album/%E5%88%A5%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%81-feat-uniaxia/1498720158?i=1498720160



今後も彼とコラボ予定です!

今度はJazz系だとか?

またの、新曲までお楽しみに〜。



0回の閲覧

©2019 by Uniaxia. Proudly created with Wix.com